Site menu:

JACIM 別館へ

jcm

JACIM Booksへ

jb

好評発売中:

DVD「思考の逆転」

「・・この思考の逆転をもたらすために聖霊が用いる大いなる学びの補助手段が、赦しである。」
『奇跡講座』まえがき から

                                   

  

  g                                          

サイト内検索

関連サイト

【質問】No.20 (org.#36)

天使は実在するのかどうかについて

「天使」というのは幻想なのでしょうか? 『奇跡講座』は「天使たち」について触れていますが(T-19.IV.C.9; T-26.IX.7および「ワークブック」)、天使は自我が作り出したものなのか、実相の一部なのかというところが、私にはよく分からないのです。

【回答】

天使は幻想の一部です。「人間のような体をもった存在としての天使」といった普通の意味で言う場合であれ、『コース』の中で語られているようなものとして言う場合であれ、同じことです。『コース』の教義においては、実相とは、唯一、天国における一体性だけを指しています。一致だけが存在していて、の間には何の区別もない状態です。この実相の中に、複数形は存在しません。

『コース』によれば、その他の全ては、夢に属する幻想の一部です。『コース』は、比喩や象徴として、天使たちのことを語っているのです。天使とは、の想念の反映を表現するための象徴であり、の想念は、常に私たちと共にあります。これは、私たちがすでに慣れ親しんでいる言葉を愛情深く、詩的に用いて、が<一なる子>へと差し伸べているについて教えるためのものです。私たちは、神の愛を直接体験することに対しては、依然として余りに大きな恐れを抱いているようなので、このような配慮がなされているのです。

私たちは普通、天使というものを、私たちを慰め、助けになってくれる慈愛に満ちた霊であると理解しています。私たちがそうした肯定的なイメージを連想するので、イエスは『コース』の中で、この形態を使用しています。そして、私たちに理解できる言葉で、私たちが自分の恐れを徐々に手放していけるように助けているのです。『コース』の中の、天使について触れている箇所は、美しく詩的な言葉遣いとなっていて、慰めや元気づけの言葉が使われていることに、あなたも気づかれることと思います。これらは、私たちに対する神の愛の真理を反映する、勇気づけの言葉です。