Site menu:

JACIM 別館へ

jcm

JACIM Booksへ

jb

好評発売中:

DVD「思考の逆転」

「・・この思考の逆転をもたらすために聖霊が用いる大いなる学びの補助手段が、赦しである。」
『奇跡講座』まえがき から

                                   

  

  g                                          

サイト内検索

関連サイト

【質問】No.35 (org.#729)

仏陀とキリスト、悟りと記憶喪失

仏陀とキリストは同じですか? それから、「悟り」は、記憶喪失のようなものだと言えるでしょうか?

【回答】

『奇跡講座』の観点から言えば、仏陀とキリストの相違は、キリストは、「完全な神の子の唯一の被造物にしての幸福であり、永遠にに似て、とひとつであるもの」 (C.5.3:1)として、常に天国の一部であり続けている、ということです。

仏陀は、他の覚者たちと同様に、分離という夢の中にある癒された心の象徴と見なすことができると思います。つまり、分離していた心が<贖罪>を受け入れていて、分離は幻想だと知っている、という状態です。

一方、キリストは幻想の一部となったことは一度もありません。それでも私たちは、心の中に(つまり、正しい心の中に)、キリストとしての真のアイデンティティーの記憶を保っています。ですから、「悟り」というのは、思い出すことであって、忘れること(記憶喪失)ではありません。ただし、真実ではないすべてのことを忘れるという意味であれば、そういう言い方ができるかもしれません。

イエスは、ワークブックの中で「悟り」について、彼の考えを次のように述べています。

「なぜ天国を待ったりするのだろう。光を探し求める者は、単に目を覆っているにすぎない。その光は今も彼らの中にある。悟りとは認識に他ならず、変化ではない。光はこの世のものではなく、自らの内に光を抱くあなたもここでは異邦人である。その光は、あなたの生家からあなたと共にやって来たものであり、あなたのものだからこそ、あなたと共に留まっている。それだけが、なるからあなたが持ってきたものである。それはあなたの家を照らすのであなたの中で輝き、それが生じてきたところ、あなたがくつろげるわが家へと、あなたを連れ帰る。(W-pI.188.1)