Site menu:

JACIM 別館へ

jcm

JACIM Booksへ

jb

好評発売中:

DVD「思考の逆転」

「・・この思考の逆転をもたらすために聖霊が用いる大いなる学びの補助手段が、赦しである。」
『奇跡講座』まえがき から

                                   

  

  g                                          

サイト内検索

関連サイト

『奇跡講座入門』-誤植の訂正

 

7月20日 に発売された『奇跡講座入門』の中に誤植がありましたので、お詫び致しますとともに、以下のように訂正させていただきます。

◆ 119ページ、〔訳注13〕 ワークブック、レッスン153から の引用文:

(1) 「しかし防衛の姿勢は二重の脅威である。」 の文が抜けていました。

(2) 「証し」のルビが、{あか} となっていましたが、正しくは、{あかし} です。

したがって、訂正後の 〔訳注13〕 は、以下のようになります。下線部が、訂正箇所です。

〔訳注13〕 (W-pI.153, 2-3) 「世界はただ防衛の姿勢を引き起こすのみである。脅威は怒りをもたらし、怒りは攻撃を当然で正直な反応と見せ、正当防衛の名において正義にかなったものと思わせる。しかし防衛の姿勢は二重の脅威である。それは弱さを証{あかし}し、効果のない防衛体系を打ち立てるからである。そうなると、弱きものがさらに弱められる。なぜなら、今や、外にも裏切りがあり、内には更に大きな裏切りがあるからである。心は今や混乱し、自らの想像の産物から逃れるために何に頼ればよいのかわからない。
 それはまるで、もはや脱出を望むことも達成することもできなくなるまで幾重にも心を取り囲んで、しっかりと封印してしまう円陣のようなものである。攻撃しては防衛し、防衛しては攻撃する。これが日々、刻々と繰り返される。一巡すればまた最初から始まるこの周期が、心を幾層もの鉄と鋼からなる分厚い壁の中に閉じ込める。心を幽閉し、どこまでも締め付けてくるその力には、中断も終わりもないように見える。」

 

◆ 175ページ、4~5行目、ワークブック、第二部エピローグからの引用文:

誤:
「安心していなさい。私も決してあなたを慰めもなく放ってはおくことはしない。」 (W-pII. ep. 6:8)

正:
「安心していなさい。私も決してあなたを慰めもなく放っておくことはしない。」 (W-pII. ep. 6:8)

 

◆ 210ページ、「『奇跡講座』(原題A Course in Miracles)について」の4行目:

誤:   一九六五年十月から一九七二年までの七年間続けられ

正:   一九六五年十月から一九七二年九月までの七年間続けられ

◆ 216ページ、1行目:

誤:   罪は、「愛の欠如」(テキスト第一章・VI・3)

正:   罪は、「愛の欠如」(テキスト第一章・IV・3)

◆54ページ、2行目:

誤:   キリスト教徒でも、ユダヤ教徒でも、無心論者でも…

正:   キリスト教徒でも、ユダヤ教徒でも、無神論者でも…

◆99ページ、終わりから4行目:

誤:   二十三章までの 

正:   二十四章までの 

 

★ ★ ★