Site menu:

                                   

  

  g                                          

サイト内検索

関連サイト

ワークブック、レッスン122 

 

* この訳文は、『奇跡講座・ワークブック編』 に収められるものとほぼ同じです。(参照番号は付けていません。)

* 漢字の後の{ }内はルビを意味します。

* 無断転載を禁じます。

部分的に引用する際には、必ず出典として JACIM を明記してください

   

L122: 赦しは、私が望むすべてを与えてくれる。

 

1. 赦しがもたらせないような何かを、あなたは望むことができるだろうか。あなたは平安を望むだろうか。赦しがそれを与えてくれる。幸福や、静かな心や、確かな目的、そして、この世のものではない美や価値の感覚を望むだろうか。思いやりや、安全や、いつも確かに守られているという温かな気持ちについては、どうだろう。乱されることのない静けさや、決して傷つくことのない優しさ、永続する深い慰め、全く揺らぐことのない完璧な安息、こうしたものを、あなたは望むだろうか。

2. 赦しはこのすべてと、更にそれ以上のものを与えてくれる。あなたが目を覚ますと同時に、赦しはあなたの瞳を輝かせ、今日という日を嬉々として迎えるための喜びを与えてくれる。あなたが眠っている間は、額{ひたい}から憂いを取り去り、恐れや悪や恨みや攻撃の夢を見ないように、瞼の上に留まってくれる。そして再び眼を覚ましたときには、幸福と平安に満ちた新たな一日を差し出してくれる。赦しはこのすべてと、更にそれ以上のものを、あなたに与える。

3. 赦しは、赦そうとしない眼差しで世界を見ている者たちからキリストの顔を隠しているべールを取り除く。それはあなたに神の子を認識させ、生命{いのち}なき想念のすべてをあなたの記憶から消し去り、の記憶があなたの心の識閾{しきいき}を越えてよみがえることを可能にする。赦しがもたらせないような何を、あなたは望むのだろうか。これらの贈り物以外に、探し求める価値のあるものがあるだろうか。想像された価値や、取るに足らない結果や、決して守られない一時の約束の中に、赦しが運んでくる以上のどんな希望がありえるだろうか。

4. すべての問いに答える解答があるというのに、なぜあなたはそれ以外の答えを探そうとするのだろう。不完全な質問や無意味な要請、中途半端な傾聴や、いい加減な勤勉さと生半可な信頼、そうしたものに対する完璧な答えがここにある。答えはここにある! これ以上、答えを探すのはやめなさい。この答えの代わりになる他の答えを、あなたが見つけることはない。

5. あなたのためのの救済計画には、変更も、失敗もありえない。それがが計画した通りに存続することに感謝しよう。変わることのないその計画は、開かれた扉のようにあなたの前にあり、その扉の向こうからは、中に入って自分の家でくつろぐようにと、あなたを温かく歓迎する声がしている。

6. 答えはここにある! 中では天国のすべてがあなたを待っているというのに、あなたは外に立っていたいのだろうか。赦して、赦されなさい。あなたは自分が与える通りに受け取るだろう。これ以外に神の子を救うための計画はない。このことを、今日、私たちは喜ぼう。ここに、その簡明さゆえに欺瞞の余地のない明快な答えがあるからである。蜘蛛の巣のように脆いが交錯した世界の複雑さはすべて、この極めて簡明な真理の声明の力と威厳の前で消滅する。

7. 答えはここにある! 二度と再び、あてどなくさまようことで答えに背を向けてはならない。今、救済を受け入れなさい。それはの贈り物であり、この世界の贈り物とは違う。神が与えた贈り物を自分のものとして受け取った心に、世界はもはや、わずかでも価値のある贈り物を与えることはできない。神の意志は、今日、救済が受け取られることにあり、あなたの夢の複雑さが虚無であることが、これ以上隠されなくなることにある。

8. 今日、目を開き、安全と平安のある幸福な世界を見なさい。赦しは、その世界が訪れて地獄と入れ替わるための手段である。静けさの中でその世界が生起してあなたの開かれた目にふれ、あなたの胸{こころ}が深い静謐さに満たされるとき、永遠なる再生を繰り返す往古の真理があなたの自覚の中によみがえる。その時あなたが思い出すものを描写することは不可能である。それでも、あなたの赦しはそれをあなたにもたらす。

9. 赦しが与える贈り物のことを思い出しながら、私たちは、今日が救済の日となるという望みと信を抱いて練習に取り組む。熱意と喜びをもって、今日私たちはそれを求める。自分たちの手の中にその鍵を持っていることを自覚し、地獄に対する天国の解答を受け入れる。私たちは自ら地獄を作り出したが、もはやそこにとどまるつもりはないからである。

10. 朝と夜のそれぞれ十五分間を、地獄の終わりを保証する探索に喜んで捧げよう。私たちの道は峠にさしかかっており、この先ははるかに進みやすくなるのだから、希望を抱いて練習を始めなさい。もはや残る旅路は短い。私たちは定められている夢の終焉のすぐ近くまで来ている。

11. 幸福に浸りながらこの練習を始めなさい。この練習が、質問の答えとその受容がもたらす確かな報奨を、あなたに差し出しているからである。今日、あなたは赦しが差し出す平安を感じ、ベールが取り払われることでもたらされる喜びを味わえるようになるだろう。

12. 今日、あなたが受け入れる光の前で、世界はかすんで消えていき、あなたは言葉に尽くせない別の世界が生起するのを見るだろう。今、私たちはまっすぐに光の中へと歩いていき、時間が始まって以来、私たちのために蓄えられ、今日を待ち続けてきた贈り物を受け取る。

13. 赦しは、あなたが望むすべてを与えてくれる。今日、あなたの望むすべてが、あなたに与えられる。あなたが再び、有為転変の荒涼とした外観から成る世界に戻っていくときも、一日を通して、これらの贈り物があなたの意識から遠のくことのないようにしよう。変化の中心に不変を、外観の奥に真理の光を見て、あなたの贈り物をはっきりと意識の中に保ちなさい。

14. 贈り物を思い出さないまま、すっかり忘れてしまいたいたくなる誘惑に負けてはならない。少なくとも十五分おきに一分間、それらのことを考えるようにすることで、心の中にその贈り物をしっかりと持ち続けなさい。贈り物を一日中あなたの自覚の中に保つ力のある次の言葉で、これらの贈り物がどれほど貴重であるかを思い出そう。

赦しは、私が望むすべてを与えてくれる。
今日、私はこれが真実であることを受け入れた。
今日、私はからの贈り物を受け取った。

*** 以上、『奇跡講座・ワークブック編』 から抜粋 ***