Site menu:

JACIM 別館へ

jcm

JACIM Booksへ

jb

好評発売中:

DVD「思考の逆転」

「・・この思考の逆転をもたらすために聖霊が用いる大いなる学びの補助手段が、赦しである。」
『奇跡講座』まえがき から

                                   

  

  g                                          

サイト内検索

関連サイト

【質問】No.71 (org.#1279, #454)

健全な自我を育てることの大切さに関する2つのQ&A

 

【質問・その1】

以前のQ&Aによれば、子供たちは『奇跡講座』の原理を学ぶ前に、強くて健全な自我を発達させなくてはならない、とのことですが、私は22歳になるにもかかわらず、自分が非常に弱いと感じています。どうすれば強くなれるのでしょうか?

 

【回答】

正直なところ、「少なくともあと20年くらいは 『奇跡講座』 には近づかないように!」と、申し上げたいくらいですね・・・・・(笑)。  冗談はともかく、このコースに関心を抱くのは中高年以上の人々であることが多いのですが、それにはそれなりの理由があるのです。

一般的には、人々は自分の人生の前半を、技術や能力を身につけ、この世界の中で自分なりの生き方を見出すことに費やします。まず、自分というものをしっかりと自覚し、その上で、そうした自分が幸せだと感じられないのはなぜなのかといったことを実感した後に、はじめて人は、自分がもつすべての価値観を疑問視することを求めてくる思考体系(T-24. in.2:1) に取り組むための準備が整います。

あまりに若い時期に 『奇跡講座』 を実践しようとする場合、問題となるのは、自分自身を成長させることと自分自身を手放すことを同時に試みるという葛藤した状態にはまりこむ可能性があるという点です。それはたいていの場合、心理的・情緒的苦痛を生み出すものとならざるを得ません。

もちろん、すべての原則に例外はありますから、『奇跡講座』 があなたの正しい道であるかどうか、そしていつ学び始めるのがよいのか、といったことは、あなただけが決めることのできる事柄です。

そうは言っても、もし今のあなたにとって一番重要な課題が、もっと強くて自信のある円熟した人間になることなのであれば (つまり、それはあなたの年頃のほとんどの人たちが模索している課題ですが)、その場合は、あなたはこの世界を手放すことよりも、この世界を探究して発見することの方に、もっと焦点を合わせるべきだという可能性は高いと思います。換言すれば、あなたは自分自身を自分として成長させることで、一個の自我として、強くなることができる、ということです。まずは、自分は何が好きで何が嫌いかを発見し、人間関係の中に居る自分自身を観察し、どんな技術や才能を使っているときに自分が最も楽しめるかを理解することです。この人生において、個人としてのあなたという存在として、自分は本当にどのような人間であるのかを、見つけ出してください。

まずはこの世界におけるあなたのゴールを追求してください。それについて罪悪感を感じたりしなくていいのです。その間に、やイエスや聖霊がいなくってしまったりすることはない、と知ってください。私たちの誰もがもっている唯一の真の強さである神の愛は、「あなたがどこにいようと、自分がどのような状況に置かれようと、いつでも、どこでも」(W.pI.42. 2:2)、 あなたが受け取れるように、ここにあるということを覚えておいて下さい。

* * *

       

【質問・その2】

私は、自分の家族が内なる平安を感じられるように手助けをしたいと思っています。私は自分にできる限りのことを妻や子供たち(9歳と11歳)にも話していますし、『奇跡講座』を学び始めて以来、自分の心が以前よりもずっと安らいでいると感じています。私には、自分たちには別々の自己はないということがわかっています。ですから、このコースを通して自分が見出した知識を、私の家族も手に入れられるように手伝いたいと望んでいます。うちの子供たちと一緒に使えるような本やテープといったものはありますでしょうか?

 

【回答】

『奇跡講座』 を教えるための最もよいやり方は、手本を示すことです。

もしあなたの中心にイエスの愛があるなら、お子さんたちはごく自然に、赦しを学ぶ助けになるような何かを、あなたから感じとることでしょう。そのとき、彼らには赦しを学んでいるという認識すらないはずです。あなたの自我ではなくイエスの愛が子育ての役目を果たしているのであれば、彼らに対するあなたの態度が、彼らに本当に必要な唯一のものを与えることになります。その「必要な唯一のもの」とは、自分たちが愛され、赦されていて、自分たちの犯した間違いは、自分たちに対するあなたの愛に何の影響ももたらしてはいないし決してもたらせないと知る、ということです。

あなたの内なる平安が、そのことを教える教師となります。そうすれば、あなたが彼らの父親としての威信を保ったままでも、彼らはそれを認識することになります。そしてそこからさらに、彼らは、自分の友人たちやお互いとどのように関わり合えばよいかをも、学んでいくことでしょう。

おそらく、もっと後になって、彼らがより深いレベルの疑問を抱き始めたときであれば、このコースの概念のいくつかについて、彼らに紹介することはできるでしょう。けれども、あなたのお子さんのように幼い年齢では −− そしてこの後のまだまだ長い年月の間は −− 彼らにとって一番重要なゴールは、自我としてこの世界の中でうまく機能していく方法を学ぶことにあります。彼らは、あなたの愛情深い助けを得て、強くて自信に満ちた個人へと成長していく必要があります。それは、この世界の中でちゃんと生きていくことができる人間であり、この世界の中で職業をもつことを心から楽しみにしている人間です。彼らにとって、「この世界も彼ら自身も幻想であり、を攻撃するために作り出された」などと教えられることは、まったく助けになりません。大人ですらほとんどの人が、そうした考えは容易に受け入れられないのですから!