7月 202016
 

 
 
2012年6月のワプニック博士の講話です。

この講話においても、「ここを誤解すると『奇跡講座』全体の理解が歪曲されてしまう」と言えるような重要な点について、解説されています。他の教え、特に願望実現のようなコンテクストでよく述べられるような「見ているものについての責任」とは、かなり違った考え方であることを、理解してください。

『奇跡講座』からの引用箇所:

* 「私が見ているものの責任は私自身にある」 - T-21, II.2:3
* 「投影が知覚を作り出す」 - T-13.V.3:5、T-21.in.1:1
* 「奇跡は、あなたが夢を見ているということそして、その内容は真実ではないということを確立する」 - T-28.II.7:1