1月 062018
 

2009年に録画された2010年の新年のための講話です。

新年にちなんだ講話であると同時に、テキスト第15章の最後の段落の中の1文(T-15.XI.10:11)についての解説となっています。

こうして、新年は喜びと自由の中で始まる。為すべきことはたくさんあり、私たちはずいぶん遅れをとってしまった。新しい年の訪れと共に、聖なる瞬間を受け入れなさい。そして、大いなる目覚めにおいて、永きにわたり空席とされてきたあなたの持ち場につきなさい。今年一年をすべて同じにすることで、これまでとは違った年としなさい。そしてあなたの関わる関係のすべてを、あなたのために神聖なものにしてもらいなさい。これが私たちの意志である。アーメン。(T-15.XI.10:8-14)