8月 162014
 

 
JQA#4で喩えとして使った「」と「傘の下」とは、
『奇跡講座』の言葉で言えば、「内容」と「形態
ということです。

この区別をよく理解することが、
このコース全体を読み解く鍵の一つです。

けれども、「内容」と「形態」を区別するというのは、
私たちが最初に思うほと簡単なことではありません。

コースは次のように述べています。

あなたが内容と見なすものは、まったく内容ではない。
それは形態にすぎず、それ以外の何ものでもない。(T-14.X. 7:4-5)

まずは、自我は「内容」を避けるために「形態」を使う
ということを頭に入れることが大切です。